政治を斬る!

こちらアイスランド(174)9月にアイスランドぐるり一周を!オーロラ&観光に最高の季節を選択!もちろんグルメも!!

今回はサメタイ読者のみなさんにお知らせがあります。私は毎年アイスランドの旅行を計画していて、

今年の特別ツアーは「アイスランドをぐるり一周、絶景&オーロラ・ツアー」に決定!

そうなんです。今年はとうとうアイスランドをぐるりと一周。リング・ロードと呼ばれる1号線を、名所観光しながらぐるーっと一周するルート。7泊のツアーを企画!それもレイキャビク現地集合解散なので、前後は自由自在。季節も申し分のない最高の時期に設定できた。

「小倉悠加企画、アイスランドぐるり一周 絶景&オーロラの旅」
旅行期間:2024年9月15日~21日(レイキャビク現地集合 / 解散)
ツアー価格:¥568,000.-(税込み。2名1室利用時)
       お一人部屋追加代:¥95,000.-
募集締切日:2023年6月20日
旅行主催・実施:(株)クオニツムラーレジャパン
連絡先(担当者:河村):shingo.kawamura@kuonitumlare.com
日程:パンフレットPDF / お申込書(Excel)

今回は最高!と自画自賛できるポイントが多く、まずは9月半ばという時期が最高

オーロラを見る目的がなければ、6月半ばから7月いっぱいを強くお勧めしたいけれど、なにせ5〜8月末はオーロラが見えない。8月20日を過ぎればなんとか見られるようになるけれど、まだ日照がありすぎて可能性が低い。

これが9月に入ると加速度を増して夜が長くなり、去年の9月半ば3日連続素晴らしいオーロラが見られた。今年は去年にも増してオーロラの当たり年と言われている。郊外宿泊数も多いので、オーロラとしては絶対的に狙い目だ。

アイスランドのごく短い秋がちょうど9月なかばで、紅葉が見られるのはこの数週間に限られる。日本のように背の高い木があまりないため、低木の紅葉は赤い色が強く、周囲にまだ緑が残る時期でもあるため、そのコントラストがとても美しい。

去年9月の写真を眺めてもうひとつ目立ったのは虹の写真だ。たまたま雨が降ったり止んだりの日にドライブへ出かけた日は、郊外のあちこちで移動するたびに半円の虹が見え、とてもラッキーな気持ちになったものだった。もちろんレイキャビク市内にも大きな虹がかかった。

上の写真で見られる塔はレイキャビクの名物であるハトグリムス教会で、どちらの写真も我が家のバルコニーから撮ったものだ(私の写真は全部スマホ)。

これだけでも、この季節の素晴らしさが結構伝わるのではと思うけれど、どうだろうか。

オーロラが見られるだけではなく、昼間の日照もたっぷりある。

ツアー開催時期の日没は19時半頃で、薄明かりは20時半まである。21時になれば真っ暗なので、アイスランドで最もオーロラが出現すると言われる20-24時の時間帯をしっかりカバーできる。おまけに真冬ほど寒くない!

オーロラは真冬の方が見やすいイメージがあるのかもしれないが、それは間違っていると思う。総合的に考えると9月半ばからの1ヶ月くらいが一番見やすい。それに加えて昼間の観光もしやすく、オーロラとアイスランドの名所観光を組み合わせるならこの時期!という一択になる(少なくとも私は)。

日本からの長旅、時差の疲れもあるため、ホテルは居心地のよさを優先して選んでいる。

食事も厳選。私が実食し、内容が指定できる時は日本人の好みに合わせたり、少しずつ多種類をお願いしている。加えて消化のいいもの、地元の名物、肉や魚などがあまり重ならないように選んでいる。

もちろん観光も見所が満載。誰もが行く有名どころもあれば、団体ツアーには組み込まれない話題の場所も入れた。アイスランド一周の移動距離は長いけれど、景色が素晴らしいし、地域によってその眺めは刻々と変わっていく。車窓を眺めているだけで十分に素晴らしい体験になること請け合いだ。

去年行ったような王道のゴールデンサークルや南海岸をまわるツアーは日本の旅行会社でもやっているようだ。けれど、日本語のツアーではアイスランド一周はゼロだった。驚いたけれど、少し考えるとその驚きはすぐに消えた。

一言で言えば、旅行の内容を企画するのが難しいからだ。

なにせアイスランド全国をくまなく巡っている現地人は観光業者とは限らない。各地の事情がわからないと、結局何をどう組み合わせるのがベストなのか判断が難しい。天候不良などの際、別口に何が用意できるかの咄嗟の判断も、現地をよく知らないと出てこないだろう。

アイスランド一周は2-3週間ゆっくりと時間が取れればもっといいだろう。7日間では端折ることにはなるけれど、アイスランド一周は絶対的に素晴らしい体験になる。ぐるりと車窓を見るだけでも大変な価値がある。

アイスランドのロック・バンドのシガーロスが、「ルート・ワン」という企画を行ったことがある。ルート・ワンとは1号線のことで、車にカメラを積み、ぐるりとアイスランドを一周しながらその風景を延々と流した。映し出されるのは車窓からの景色のみ。私は当時ボケーっとその映像を眺めたものだった。

毎年行っているアイスランドの特別旅行企画も今年でーーー何年になるんだろう?確か2006年から開始した記憶があるので、15年以上やっている(ただしコロナ期間はやれなかった)。

毎年参加していただいても内容が被らないように作っていて、そのようにして今年で3回目になる。以前はずっと音楽フェス中心で企画していた。ミュージシャンとの食事会や独占ライブなどを盛り込み、毎回満員御礼の音楽ファン垂涎のツアーとして10年以上君臨した。

話が少しそれたけれど、アイスランド一周をとお考えの方はぜひご検討ください。オンライン説明会は何度かやる予定で、直近では5月8日を考えている。参加希望者はぜひこちらのページの下にあるフォームからご連絡ください。お待ちしています!

小倉悠加(おぐらゆうか):東京生まれ。上智大学外国語学部卒。メディアコーディネーター、コラムニスト、翻訳家、ツアー企画ガイド等をしている。独自企画のアイスランドツアーを10年以上催行。当地の音楽シーン、自然環境、性差別が少ないことに魅了され、子育て後に拠点を移す。好きなのは旅行、食べ歩き、編み物。

筆者同盟の最新記事8件