政治とマスコミを斬る
SAMEJIMA TIMESは無料公開にこだわります。皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。講演・執筆・寄付等募集中!

メディア出演

【1月15日】 デモクラシータイムスに出演し、前川喜平さん、竹信三恵子さん、半田滋さんらとオミクロン感染拡大やNHK字幕捏造について討論しました。大学入試の混乱もテーマになりました。

【1月14日】【鮫島浩・特別寄稿/2022政界徹底解読】ポイントは「安倍・麻生」盟友関係の軋み 二大キングメーカーの狭間で岸田政権長期化も(後)を寄稿しました。

【1月14日】 【鮫島浩・特別寄稿/2022政界徹底解読】ポイントは「安倍・麻生」盟友関係の軋み 二大キングメーカーの狭間で岸田政権長期化も(前)を寄稿しました。


【12月16日】 東京・竹橋で経済人向けに「衆議院選挙後の政治情勢と日本の課題」と題して講演しました。

【12月7日】京都芸術大学の情報学の授業でジャーナリズムについてオンラインで講演しました。

【11月28日】 日本ジャーナリスト会議(JCJ)オンライン講演会「政治を読み解くー与野党激突の総選挙後の行方ー」で講演しました。

【11月27日】 デモクラシータイムスに出演し、作家の雨宮処凛さん、日刊ゲンダイの小塚かおるさん、世田谷区長の保坂展人さんと来年夏の参院選に向けた政治の行方を展望しました。

【11月27日】 自民党の山田太郎参院議員や著作権ビジネスの最先端を走る福井健策弁護士らとデジタル改革について討論するオンライン・トークイベント「図書館とデジタルメディア、 融合の可能性」に登壇しました。

【11月16日】 サンデー毎日に『安倍・麻生「同盟」を断つ新外相・林芳正』を寄稿しました。

【11月11日】 プレジデントオンラインに『「岸田政権はさっさと潰して構わない」安倍氏と麻生氏の全面対決が招く”次の首相”の名前』を寄稿しました。

【11月4日】 プレジデントオンラインに『「野党優位の状況だったのに…」維新は大躍進を遂げて、立民が惨敗した決定的な違い』を寄稿しました。

【10月21日】 デモクラシータイムス「総選挙の争点②アベ菅9年 自民の権力構造と民主主義の危機」に出演し、中野晃一教授らと討論しました。

【10月19日】 サンデー毎日に「3A の谷間 甘利明が手中にする絶対権力 安倍・麻生のすきま風でほくそ笑む男」を寄稿しました。

【10月18日】 全国商工新聞に『TBS・八代氏の「共産党」デマ発言/政権の関与を検証すべき 国家権力に事実上の加担』を寄稿しました。

【10月12日】 プレジデントオンラインに『あっという間に公約を撤回…岸田新政権の「新しい日本型資本主義」に期待できないワケ』を寄稿しました。

【10月2日】 東京新聞「こちら特報部」の「福島対応 岸田総裁で変化?」の記事に私のコメントが掲載されました。

【10月1日】 中島岳志・東工大教授が東京新聞などに寄稿した『高市早苗氏の「変節」 「わきまえる女」育む自民体質』に、私がプレジデントオンラインに寄稿した『「稲田朋美の転向でチャンス到来」高市早苗が安倍支持層からベタ褒めされる本当の理由』が紹介されました。

【10月1日】 安田菜津紀さんとAmazon Musicで「政治報道・選挙報道はどうあるべきなのか?」を対談しました。

【9月30日】 自民党総裁選の結果を受けて、プレジデントオンラインに『「自民の”安倍支配”に大惨敗」これから河野太郎を待ち受ける”2人目の石破茂”という苦難』を寄稿しました。

【9月30日】 「統合失調症のひろば」(No.18 2021秋、日本評論社)に「情報を見抜く力」を寄稿しました。

【9月29日】 自民党総裁選で岸田文雄氏が勝利したことを受けて、9月上旬にサンデー毎日に寄稿した「お公家集団・宏池会の領袖、岸田文雄の弱み」が週間エコノミストOnlineに特別公開されました。

【9月26日】 TBS番組でコメンテーターの弁護士が「共産党は暴力的な革命を党の要綱として廃止していない」と発言した問題について、しんぶん赤旗日曜版に私のインタビューが掲載されました。

【9月25日】 東京新聞「こちら特報部」に、政府が国策として推進しているワクチンパスポートについて、接種に適さない人への差別や業界への利益誘導になる恐れがあることを指摘するコメントが掲載されました。

【9月23日】 埼玉県東松山市の市民文化センターで開かれた「10区市民の会」主催の集会「政権交代をめざす講演と市民の集い9.23」で講演しました。

【9月18日】 デモクラシータイムスに出演し、山口二郎教授らとともに自民党総裁選の行方などについて展望しました。

【9月16日】 プレジデントオンラインに『「安倍支配をぶっ壊す」河野太郎が首相になるためにはそう宣言する必要がある』を寄稿しました。

【9月14日】 ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」に午前8時から電話出演して自民党総裁選を解説します。

【9月10日】 菅義偉首相を題材としたドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」の緊急特番「どうする日本!超激論スペシャル」に出演し、古賀茂明さん、望月衣塑子さんらと自民党総裁選などについて議論しました。

【9月10日】 プレジデントオンラインに『「稲田朋美の転向でチャンス到来」高市早苗が安倍支持層からベタ褒めされる本当の理由』を寄稿しました。

【9月10日】 「文藝春秋」10月号グラビアの「同級生交歓」に小川淳也衆院議員と私が取り上げられました。香川県立高松高校の同級生です。私の拙文が添えられています。

【9月10日】 スタジオジブリ発行の「熱風」9月号にジャーナリストの青木理さんと私の対談が掲載されます。「朝日新聞」について語り合う後編です。

【9月7日】 ABEMA Primeに出演して自民党総裁選について解説します。

【9月7日】自民党総裁選について9月7日発売のサンデー毎日に『お公家集団 宏池会の領袖 岸田文雄の弱み』と題して寄稿しました。岸田氏を徹底解剖しました。

【9月6日】 プレジデントオンラインに『「なぜ岸田氏ではなく高市氏なのか」菅首相をあっさり見捨てた安倍氏がいま考えていること』を寄稿しました。

【9月6日】 最低賃金で働いてきたライターの和田靜香さんが小川淳也衆院議員と一年にわたって経済政策問答を重ねた軌跡を著した「時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。」を推薦する私のコメントが朝日新聞朝刊の広告に掲載されました。

【9月5日】 フジテレビ「Mr.サンデー」で自民党総裁選の大胆予測とコメントが紹介されました。

【9月5日】 たかまつななさんのYouTube番組に出演し、自民党総裁選や菅首相の不出馬について解説しました。

【9月4日】 ドキュメンタリー映画「コレクティブ 国家の嘘」の推薦もメントが各種メディアに掲載されました。

【8月31日】プレジデントオンラインに『「河野太郎首相だけは絶対に避けたい」自民党内で”菅おろし”が盛り上がらない根本理由〜世代交代が進むことは阻止したい』を寄稿しました。

【8月30日】緊急事態宣言下の高校野球と朝日新聞について「週刊現代」の取材を受けました。同日発売号にコメントが掲載されています。

【8月21日】デモクラシータイムスに19時半から出演します。青木理さん(ジャーナリスト)、荻原博子さん(経済ジャーナリスト)、三木由希子さん(情報公開クリアリングハウス理事長)らとコロナ危機下の自民党総裁選や解散総選挙を含む政治の行方について展望します。

【8月10日】 スタジオジブリ発行の「熱風」8月号にジャーナリストの青木理さんと私の対談が掲載されます。「朝日新聞」について語り合う前編です。

【8月7日】 菅義偉首相を題材にした話題のドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」のスペシャルトーク第二弾に河村プロデューサーや内山監督と並んで登壇します。 菅首相の地元・横浜にて。

【8月7日】埼玉県ときがわ町で開かれる「ときがわ自然塾」で講演します。テーマは「政治記者はきちんと仕事をしているのか?」。オンラインでも視聴できます。お申し込みは埼玉トカイナカのサイトからお願いします。

【7月30日】菅首相を題材にしたドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」が全国公開されます。私も菅首相を知る政治記者としてインタビューを受け出演しています。

【7月28日】 小川淳也衆院議員を題材にしたドキュメンタリー映画のシナリオを完全収録した本「なぜ君は総理大臣になれないのか」(日本評論社)が発売。私も『「小川淳也は総理大臣になれない」という常識を覆すために必要なこと」と題して特別寄稿しました。

【7月27日】Choose Life Projectに出演しました。「東京五輪と報道」について小島慶子さん、山崎雅弘さん、西村カリンさんとともに考えました。

【7月10日】 YouTube番組「デモクラシータイムス」に出演しました。軍事ジャーナリストの田岡俊次さん、ジャーナリストの竹信三恵子さん、ニュース・ソクラ編集長の土屋直也さんらと「東京五輪と政局」について展望しました。

【7月6日】サンデー毎日7月18日号(7月6日発売)に「二階俊博の自民党掌握術〜俺を外せば政界再編だ」を寄稿しました。

【6月27日】 プレジデントオンラインに『「国民の多くは夫婦別姓に賛成なのに」最高裁が”ずるい判決”を出した本当の理由』を寄稿しました。

【6月22日】サンデー毎日7月4日号(6月22日発売)に「安倍晋三 首相返り咲きの野望」を寄稿しました。政局の読み方や政界の舞台裏に関心のある読者向けに、すこし玄人的な政治記事をサンデー毎日に時折寄稿することにしました。

【6月12日】YouTube番組「デモクラシータイムス」に出演しました。山口二郎教授や望月衣塑子記者らと政治の行方について討論しました。

【6月11日】プレジデントオンラインに『社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因』を寄稿しました。

【6月8日】 「ABEMA Prime」に出演しました。詳細はYahoo!ニュースなどでも報じられました。

【6月1日】 財界展望新社の月刊誌「ZAITEN」7月号にインタビューが掲載されました。6月1日発売です。

【6月1日】ドキュメンタリー監督の大島新さんが「旬な人」とじっくり語り合うトークライブの初回ゲストに招待されました。題して「なぜ君は朝日新聞を辞めたのか?」。オンライン視聴もできます。お申し込みは『大島新の「なぜ君」トークライブ&配信』のサイトからお願いします。6月14日までアーカイブ配信もあります。


【5月30日】 クレヨンハウス「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」で「なぜ朝日新聞記者を辞めるのか」と題して講演しました。

【5月13日】 尾野真千子主演の映画「茜色に焼かれる」推薦コメントを寄せました。映画ナタリーの記事など映画PR記事に掲載されます。5月21日公開。

【5月1日】 YouTube番組「デモクラシータイムス」に出演し、山口二郎教授や望月衣塑子記者らと与党全敗で終わった補選を受けて今後の政治の動きを展望しました。

【4月3日】 YouTube番組「デモクラシータイムス」に出演し、上智大学教授の中野晃一さん、日刊ゲンダイ第一編集局長の小塚かおるさんらと東京五輪やコロナ対策、政局について討論しました。

【4月1日】 東京新聞TOKYO Web論壇時評「記者クラブの弊害深刻 権力との共犯関係を断て 中島岳志」に「SAMEJIMA TIMES」が取り上げられました。