政治を斬る!

こちらアイスランド(137)10月のツアーは絶景とオーロラ、西村大臣も訪問した地熱発電所への社会見学付の豪華ラインナップ。オンライン説明会は8月24日!〜小倉悠加

10月にアイスランドのツアーを企画した。今回はその内容をざっくりとご紹介したい。

4年ぶりのツアー企画なので、張り切って内容を見直した。今までは観光も音楽関係に重点を置いたものだったけれど、今回は絶景の王道で大道を基本にした。その上でオーロラのチャンスを増やしたり、社会見学も入れたりと、結構欲張ってみた。

アイスランドのレンタカーは地元の会社から

アイスランドに来たら絶対にここ!という基本を入れたので、誰でもすぐに分かるだろうと思っていた。けれど、最近アイスランドは人気が出てきたとはいえ、国の名前や位置はわかっていても、観光となると、普通の人はさっぱり分からないですよね。私の常識は普通の人の非常識!ということで、サっとご案内しますね。アイスランドへ自分で行く人も旅の参考にどうぞ。

8月24日(木)19~20時でオンライン(Zoom使用)説明会を行うので、興味ある方はぜひご参加ください。登録はこちら。

今回のツアーは現地集合解散。その前後はぜひご自由にどうぞ。新婚旅行の一部にしたり、経由地で数泊すれば、一石二鳥!

10月のツアーの主な内容はーーー

アイスランド観光、王道の三点セット

*ゴールデンサークル(地球の割れ目、間欠泉、大瀑布)
*南海岸(名滝、奇岩、海岸線)
*ブルーラグーン(&周辺観光)

アイスランド社会見学

*地熱発電所見学
*共生コミュニティ見学

オーロラのチャンス!

*郊外2泊でオーロラのチャンスをしっかり狙う!
*レイキャビクは便利な立地をセレクト


アイスランドの魅力がぎっしりゴールデンサークル

シングヴェトリル国立公園は議会政治発祥の地として世界文化遺産に認定されている。その場所はユーラシア・プレートと北米プレートという二つの地殻が裂けて広がっていく場所でもある。

ここには世界の議会政治の歴史あり、地球がベリベリと裂けていく割れ目あり、そして美しい滝もある。周囲には湖もあり、珍しい地形であり、目に美しい風景が楽しめる。

ゲイシールは温熱地帯に噴き出す間欠泉。5分に一度噴き出す熱湯は40メートルにも及ぶ。目玉はこの間欠泉ではあるが、ボコボコと地から熱湯や熱泥が沸き立つところや、シューシューと音をたてて湯気が勢い出てくるなど、周囲の温熱地帯の散策も楽しい。

大瀑布のグットルフォス。黄金の滝と呼ばれるここは、ラング氷河を水源にできた大瀑布だ。季節により若干の変化はあるものの、毎秒110-140立法メートルの水量が絶え間なく勢いよく流れ落ちる。落差は30メートルで、周囲の渓谷に挟まれたその姿は、絶景としか言いようがない。

ここはかつて水力発電所の建設が予定され、埋没することになっていた。それを地元の少女が反対したことがきっかけで、この滝はこうして現在私たちの目を楽しませてくれる。その少女のレリーフが滝の入り口のところにある。

ブルーラグーン&周辺観光

ブルーラグーンは世界最大の露天風呂。乳白色の湯が美しく、あまりにも広大で迷子になりそう?アイスランドに来た!という気分をゆっくりじっくり味わうのに最適な場所。

周辺観光は、現在火山が噴火している隣の火山帯を見学!レイキャビク市内から車で30-40分の場所なので、市民の憩いの場として人気が高いエリア。湖畔沿いのドライブや山道をくねって抜けるドライブも楽しみのひとつ。

海と山のダイナミズムを堪能する南海岸ツアー

スコウガフォスは南海岸ピカイチの滝。落差60メートルの絶対的な迫力。滝の横には階段があり、滝が落ちる場所まで見に行くことができる。その奥までずっとハイキングコースがあり、時間を使いしっかりと見て歩きたいエリア。

セリャラントスフォスは滝の後側に回ることができる。水飛沫がすごいので、防水対策が必要だ。落差65メートルと言われ、水量はスコウガフォスほどない分とても優雅な印象を受ける。この近所は滝銀座で、ドライブ中にいくつも滝を見る。

南海岸というくらいなので、海岸線にも特徴がある。「ブラックサンドビーチを見に行く」とは、海岸に出るのではなく、灯台のある高台まで行き、ビーチを見下ろすことを指す。そこからは氷河の山も見ることができる。どこまでも雄大な景色が広がる。

レイニスフャラには玄武岩の柱状節理からできた見事な洞窟を見ることができる。この近くには興味深い形の岩が多く、地学に興味がなくても、その造形を見入ってしまう。


上記の定番コースに加え、天候や時間の関係を調整しながら、個人的に気に入っている場所等へのご案内も当然考えているし、食事は現地流の一品ドッカーンではなく、可能な限り量少なめで品数多くをご用意。

社会見学は西村経産大臣が先日訪問したヘトリスヘイジ地熱発電所を予定。また、健常者と障害を持つ人々の共生コミュニティもできる範囲で見学します。

あと、ツアーは解散するけれど、一泊追加したいという希望者が多ければ、アイスランドの聖地と呼ばれる風光明媚なスナイフェルスネス半島一周も追加を考えている。それが実現すればレイキャビク周辺から行ける王道の絶景は網羅!最初からツアーに入れなかったのは、日数が長くなると参加できなくなる人が多くなるから。その他、ツアーの企画にあたり考慮している点をお伝えしたく、8月2日にオンラインでアイスランドと日本をつなぎ、説明会を開催します。ご興味ある方はぜひご参加ください

小倉悠加(おぐらゆうか):東京生まれ。上智大学外国語学部卒。メディアコーディネーター、コラムニスト、翻訳家、ツアー企画ガイド等をしている。独自企画のアイスランドツアーを10年以上催行。当地の音楽シーン、自然環境、性差別が少ないことに魅了され、子育て後に拠点を移す。好きなのは旅行、食べ歩き、編み物。

筆者同盟の最新記事8件