SAMEJIMA TIMESは「無料公開」にこだわります。皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。講演・出演・執筆・スピーチライター等お仕事募集中!

こちらアイスランド(22)夏休み、アイスランドの自然紹介①〜小倉悠加

アイスランドは夏の真っ只中で、気温は二桁(=10度)に到達すれば、無理してでもTシャツ姿になりたいと思う今日このごろ。ジリジリと肌を焼くキョーレツな日差しや、セミのミンミンという声を聞かないと夏が来た!と思えなかったのが、こちらに移って数年も経つと、そういう気持ちも薄れてくる。むしろアイスランド人に近い感覚で、太陽が輝いていると、外に出て陽を浴びたくなる。日本では日焼け厳禁だったのに!

郷にいればということで、今年も7月に入れば夏休みだ。フリーランスの私は毎日が仕事で毎日が休みでもあるため、夏休みがあるのかないのかわからない生活だけど、会社員の彼はきっちりと夏休みがある。それも丸一ヶ月間!

家にいるだけではもたないので、アイスランド一周をする。予定は二週間程度。宿泊はホテル、友人宅、キャンプの3種を使うため、予約不要なキャンプは周遊前後に入れて、天候次第ということにしている。前後がゆるっとしていた方が、なんとなく心にも余裕ができる。

土地が若く、溶岩の多いアイスランドは基本的に不毛の地だ。時が経てば、溶岩の上に苔が生え、やがてこうして可愛らしい花が夏に見られるようになる。
無骨で荒涼とした地に、可憐な華やかさを運んでくれる花を見ると、思わず心が緩む。

会社員からフリーになり、このSAMEJIMA TIMESをキープするため休みが無くなっているであろう鮫島さんに、少しでも休んでいただきたく(上から目線のつもりはないです)、アイスランドの知られざる場所を写真でご紹介することで、7月は週末2日間続けての連載にします!

今回は5月の誕生日旅行で探検した場所のひとつをご紹介。そして場所の名前なし!(笑)

アイスランドは大自然に恵まれ、風光明媚な場所は探しきれないほどゴロゴロある。なので、わざわざ観光客が大勢集まる場所へ行く必要はない。それに、新しい場所を開拓するのが楽しい。毎回のクリーンヒットは望めないけれど、それでもかなり高い確率で素敵な場所に出会うことができる。

特におすすめは滝!山から川が流れていれば、滝があるのが相場。航空写真の地図を見て、川の流れに白い色の場所があれば、そこは水が何らかの理由で跳ねている。イコール、滝がある可能性が高い。

今回探索に行ったのは、以下の地図の場所。地図の上の方にニョロニョロしてるのが川で、拡大して見れば白くなっているところが滝だ。ピンポイントでどこ!というのは私も分からない。実際に足を運び、探すのです!少しだけ冒険気分。

早速道路沿いから滝が見えたので、安全な場所に車を留めてパトロールへ。観光地ではないため、案内は望めない。ハイキングコースはないので、羊が通る獣道を指針にする。これが案外便利。ルートとしていい線いってることが多い。羊さん、ありがとう。

冒険なのに、私はそれらしい格好をしていない。それどころか、誕生日記念という名目もあり、コートだけは少しおしゃれにしてあった。毎回結果的に嘘八百になる「今日はあまりハイキングはしないから」という彼の言葉を信じてのことだ。最近は甘い口車には乗らなくなってきたけど、誕生日というキーワードで今回はやられた(笑)。

岩に引っ掛けてコートの布地を傷をつけたくない。泥で汚したくない。レイキャビク市内でアート展などに行く時以外はスニーカーがデフォルトなので靴は大丈夫。それでも歩き始めるなり断崖絶壁はキツいよね。滑り落ちる程度なら大丈夫そうとはいえ、打ちどころが悪いと怪我は必至。病院のお世話にはならない決意なので、慎重に進む。

慎重に進んだけれど、道が狭すぎて滝の全貌が見える場所まで行くのは無理と判断。帰りは四つ這いで歩いてみたところ、歩きやすい!バランスを崩したり足を踏み外す心配が激減して快適だった。四足歩行なら、急斜面も狭い道も怖くない。羊の気持ちわかった気がした。時には四つ這いで歩いてみるものだ(笑)。

彼はこの地点より先まで這って到達したものの、やはり滝の全貌が見えるまで移動するのは無理だった。

探検は目的を達成できるとは限らない。滝は遠くからの方がよく見えて、近づけば近づくほどの全貌は岩に阻まれて見えなかった。次回は長靴を持ってきて、川を歩いてみようかとも思う。何でも経験だ。

この地点のすぐ上にも滝があるようなので川沿いを歩いてみると、すぐに次の滝が見えてきた。

滝に近づいてみれば、手頃なサイズ。滝の前の大きな石に座ると、私が水にすっぽりと覆われているような、楽しい写真になった。

その次の滝がこれ。水の流れが手のひらに流れ落ちるように撮りたかったけれど、失敗(あるある)。上流へ行けば行くほど、このサイズの滝が続々と出現しそう。

滝があるのは分かっているけれど、歩き続けて駐車した車からあまりにも離れすぎることを懸念して、途中で引き返すことに。

アイキャッチにした写真は駐車した場所に戻る途中、川沿いから少し離れた小高い岡で撮ったもの。人為的に作られたと思われるこんな場所も発見。なんの目的で作られたんだろう?

車を少しだけ動かして、次は観光客も来るグリューフラブイという滝の、水が流れ落ちる部分へ到達できるかを探検してみた。基本的に川の流れに沿って歩けばいけるはず。

歩いたのは20分程度だったか。滝の水が落ちる場所は難関もなく見つけることができた。滝壺に自分が落ちてはまずいので、慎重に近づく。少し離れたところで見ていた彼は、私が無茶をしているのではとハラハラしたそうだけど、実際はごく安定した地面に座ってた。こんな感じ。

下には色とりどりのジャケットを着た見学者の姿が見えた。落差40メートルの迫力が少しでも伝わるだろうか。その時に撮った短い動画でどうぞ。

動画の最後には駐車場やらキャンプ場が見えてくる。そう、この周辺は滝銀座と言われ〜〜〜〜って言われてないです。私が言ってるだけ。このあたりは背に氷河を抱いているため、滝が多いのは本当。グリューフラブイから5分も歩けば、セリャランストスフォスという舌を噛む名前の、そして南海岸では超有名な滝に行くことができる。

小倉悠加(おぐら・ゆうか):東京生まれ。上智大学外国語学部卒。アイスランド政府外郭団体UTON公認アイスランド音楽大使。一言で表せる肩書きがなく、アイスランド在住メディアコーディネーター、コラムニスト、翻訳家、カーペンターズ研究家等を仕事に応じて使い分けている。アイスランドとの出会いは2003年。アイスランド専門音楽レーベル・ショップを設立。独自企画のアイスランドツアーを10年以上催行。アイスランドと日本の文化の架け橋として現地新聞に大きく取り上げられる存在に。当地の音楽シーン、自然環境、性差別が少ないことに魅了され、子育て後に拠点を移す。好きなのは旅行、食べ歩き、編み物。

筆者同盟の最新記事8件