注目の新刊!
第一回は9/4(月)夜、東京・渋谷で開催! オンライン参加も!

「覚えていない」→「うすうす思い出してきた」→「覚えていない」 答弁迷走でフラフラの盛山文科相の「過去」を不問に付して更迭しない岸田首相は統一教会の「底なし沼」にじわじわと沈んでいく

盛山正仁・文部科学相が見苦しい国会答弁を連発している。

前回総選挙で旧統一教会と推薦書を交わしていたことが朝日新聞に写真入りでスクープされた。最初は「覚えていない」と答弁。国会で追及されて「うすうす思い出してきた」と半ば認めたかと思いきや、翌日には「覚えていない」に逆戻り。あまりにみっともない姿というほかない。

旧統一教会の政策を受け入れて選挙支援を受けていたそのものも重大問題だが、それ以上に、自民党の調査に対してこの事実を報告せず隠していた罪のほうがはるかに重大だ。もし、正直に旧統一教会との関係を明らかにしていたら、文科相に起用されることはなかった。「嘘をついて大臣ポストを獲得した」以上、嘘がバレたら即刻辞任するのが筋である。

思い起こすと、盛山氏は新旧大臣の引き継ぎ式で、テレビカメラの前で「失言してすぐクビになるかも」ととぼけてみせた。この時すでに「失言」ではなく「旧統一教会との関係」がいずれバレて辞任に追い込まれることに怯えていたのではないだろうか。

しかも文科相就任後は旧統一教会の解散命令請求を実行する責任者の立場となった。なおさら旧統一教会に恨まれ、過去をバラされて逆襲されることを予期していたのかもしれない。

それなら最初から入閣を辞退すればいいのに、よほど大臣になりたかったのだろう。

過去がバレた以上、盛山氏は文科相を辞任したいのではないかと私はみている。むしろ辞任を許さないのは、岸田文雄首相だろう。

盛山氏に続いて、林芳正官房長官も前回選挙の時に旧統一教会の関係者と面会していたことが発覚した。週刊誌の取材を受けて確認したところ、面会の事実がわかったという。

選挙の推薦書を交わしていた盛山氏ほど濃密な接点とはいえないかもしれないが、これまで面会の事実を公表していなかった点で責めは免れない。盛山氏が辞任すれば、林氏が次の標的となるのは間違いない。

岸田首相は、裏金事件で更迭した松野博一官房長官の後任に、林氏を起用したばかりである。内閣の要である官房長官が続けてスキャンダルで辞任に追い込まれると、岸田内閣はもうグラグラだ。ここは盛山氏を防波堤として踏みとどまらせ、林官房長官に批判が集中するのを避けなければならない。

林官房長官だけではない。自民党のなかには旧統一教会との様々な接点をいまなお隠している有力議員も少なくないのではないか。彼らは表舞台に立ったとたんに旧統一教会に「過去」をリークされ、辞任に追い込まれることを怯えている。

ここで盛山氏が文科相ポストに踏みとどまり、「旧統一教会との過去」は辞任に理由にならないという前例をつくってほしいーーというのは、多くの自民党議員たちの願いなのだ。

旧統一教会は選挙の時だけ自分たちを利用し、世論の逆風を浴びたとたんに切り捨てた自民党を恨んでいる。これからも効果的なタイミングで「過去」を小出しにマスコミにリークしていくことで自民党を揺さぶっていくだろう。

岸田首相は旧統一教会と徹底抗戦し、何をリークされても「過去」は不問に付すことで、「脅し」には屈しないという考えなのかもしれないが、それでは旧統一教会に「弱み」を握られ、揺さぶられ続けることになるだけだ。

政権与党の中枢が宗教団体に「弱み」を握られ、ビクビクしながら政策決定をしていること自体が、極めて危機的な状況である。やはり「旧統一教会との闇」をすべて明らかにすることで決別し、今後は一切の影響を受けないというかたちで決着させない限り、この問題が根本解決したとはいえない。

政治を読むの最新記事8件