政治とマスコミを斬る
SAMEJIMA TIMESは無料公開にこだわります。皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。講演・執筆・寄付等募集中!

神奈川県民、横浜市民の皆様へ。黒岩知事と山中市長を追及する「筆者」を募集します!

コロナ禍は「私たちが暮らす自治体」への関心を高めました。知事や市長の行政能力が低ければ私たちの生命が危険にさらされることを目の当たりにしたからです。

私は1999年に朝日新聞政治部に着任してから国政の動きを追ってきましたが、新聞記者時代は自分が暮らしている東京都港区の行政にはあまり関心がありませんでした。その反省を込めて開始したのが連載『総額15億円「スマイル商品券」の謎〜港区のコロナ目玉政策を追え!』です。

この連載にはたくさんの反響をいただいています。「私の街でもこんなことがある!」という情報も寄せられています。なかでも多いのは、神奈川県民の方々、横浜市民の方々からの「知事や市長に対する怒り」です。

まずはフジテレビキャスターから転身した黒岩祐治知事に向けられた憤慨や疑問の数々。

・コロナ陽性率が85%? 検査数や陽性率の公表を停止するって、行政崩壊?

・自分で「陽性」判断して自宅療養? 行政の役割を放棄しているの?

・石原慎太郎氏が「放送禁止用語」を連発してもあえて無視したことを自慢するツイートに驚愕。

・神奈川県が夜中にミスで連発した緊急メールに「私自身も寝不足です」って…

次に「コロナ専門家」として横浜市立大教授から野党に担がれ昨夏に当選したばかりの山中竹春市長。

・「出産費用ゼロ・子ども医療費ゼロ・敬老パス自己負担ゼロ・中学校全員給食」の公約を早くも破棄!

・パワハラや経歴詐称の疑惑に対し、説明責任を果たしていない!

・記者会見の打ち切り方があまりにひどい!

・コロナ専門家をうたって当選したのに、無為無策で感染者が増えるばかり。

神奈川県の人口は東京都に次ぐ923万人。横浜市の人口は378万人で日本最大の市です。その知事と市長がこれほど不信を招いているのは、日本の自治体行政の劣化を象徴しているのではないでしょうか。

そこで提案です。私が東京都港区の行政を監視する連載を始めたように、神奈川県在住または横浜市在住のサメジマタイムス読者の方に、ぜひ、黒岩知事や山中市長を監視する先頭に立っていただきたい! このサメジマタイムスの「筆者同盟」に加わり、神奈川県政や横浜市政をめぐる記事を執筆していただきたい!

ということで、サメジマタイムスの「筆者同盟」に加わり、神奈川県政(黒岩知事)や横浜市政(山中市長)を監視する「筆者」を募集します!以下が募集要項です。

・応募資格があるのは、神奈川県在住(横浜市在住)でサメジマタイムス政治倶楽部会員の方です。会員登録は以下の「政治倶楽部へ会員登録」ボタンからできます。無料です。

・以下の「筆者募集!」ボタンをクリックし、「お名前」(実名)「メールアドレス」(政治倶楽部会員登録と同じもの)を入力したうえ、「お問い合わせ内容」欄に「ご住所」「執筆したい内容の要旨を400字以内」で記入し、送信してください(この企画についてのお問い合わせも「筆者募集!」ボタンからどうぞ。「都内から神奈川県庁に通勤する県職員だが、県政の内情をどうしても書きたい」などなど、どんなご相談も気楽にお寄せください!)。

・執筆内容は「住民目線」から県政や市政を追及するものであれば、さまざまな現場に迫るルポルタージュでも、データに基づく論考でも、皮肉たっぷりのコラムでも、何でもありです。

・応募内容を拝読して執筆をお願いしたい方には私から個別にメールで返信します。執筆回数や執筆内容については個別に相談します。採用した原稿は私がデスク役を務めたうえでサメジマタイムスに掲載します。

・応募は実名に限らせていただきますが、サメジマタイムス「筆者同盟」に加わって執筆する際はハンドルネーム使用も可能です(コメント欄への投稿が注目を集めて「筆者同盟」に加わった「憲法9条変えさせないよ」さんの先例があります)。原稿料はありません(すみません)。

・記事執筆経験の有無は問いません。どの政党を支持していようがいまいが、有権者であろうがなかろうが、神奈川県在住(横浜市在住)の方であればどなたでも応募できます。「市民記者」デビューと思って挑戦してみてください。私も実験的な試みです。「我こそ知事や市長を追及する先頭に立つ」という方々の応募をお待ちしています!(肩の力を抜いて県政や市政にアイデアを提案する内容もありですよ〜)

総額15億円「スマイル商品券」の謎〜港区のコロナ目玉政策を追え!【1】落選

政治倶楽部の最新記事8件