SAMEJIMA TIMESは「無料公開」にこだわります。皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。講演・出演・執筆・スピーチライター等お仕事募集中!

あなたは国会を支持しますか? 内閣支持率や政党支持率だけでなく「国会支持率」を世論調査しよう!

通常国会は6月16日に閉会し、与野党は秋の衆院解散・総選挙に向けて事実上の選挙戦に突入しました。菅義偉首相はコロナ禍での東京五輪を強行開催し、ワクチン接種を進めて内閣支持率を回復させたうえで、9月5日のパラリンピック閉幕後ただちに臨時国会を召集して大型補正予算を編成した後、衆院解散に踏み切る政治日程を描いています。9月28日公示ー10月10日投開票の日程が有力視されています。

しかし、その前に、問わねばならないことがあります。与野党の立場を超えて、衆議院議員たちはこの4年間、国会でしっかり仕事をしたのでしょうか。

まずは皆さんに聞いてみましょう。尋ねるのは「内閣支持率」や「政党支持率」ではありません。「国会支持率」です(「国会制度」の支持不支持ではなく、「今の国会」の支持不支持です!)。

 
鮫島
誰でも投票できます!
あなたは国会を支持しますか?

コロナ対策や東京五輪で菅内閣が迷走を重ねるなかで、政治への関心(不満)は大いに高まりました。それに対して、国会は国民から直接選ばれた代表として、内閣を監視する役割をきちんと果たしたのでしょうか。

通常国会終盤、立憲民主党の枝野幸男代表は「内閣不信任案は提出しない」という言葉を翻し、提出に踏み切りました。自民党の二階俊博幹事長は「不信任案が提出されたら衆院を解散する」と明言していたのに、不信任案が提出されても衆院は解散されませんでした。こうした政治家の言葉のひとつひとつが政治への信頼を失わせていきます。

私は国会会期末にあたり、「政治を読む」のコーナーに、枝野代表や二階幹事長の思惑を読み解いたうえで今後の政局を大胆に展望する記事を三連発で公開しました。これらの記事には「新聞にはない内容だ」と評価するコメントをたくさんいただきました。

一方で、政局を優先する与野党政治家の実態に落胆する声も数多く寄せられました。そのうちのひとつが池野青空さんからのコメントです。ここに紹介します。

コメント

池野青空
6月16日本日、日本の通常国会が閉じてしまいました。今朝の東京新聞の社説でも「国民が見えているのか」という題で、国民から委託されている国政の調査や行政監視の機能が、全く果たしていないと国会を批判している。おそらく鮫島さんの記事にあるように政局だけで動く国体系の国会議員の意のままに動く与野党の国会議員目には国民の姿は映っていないのでしょう。だから多くの国民も、国会は全く機能していないと感じていることでしょう。NYTやCBSなどアメリカのメディアは、世論調査に連邦議会の支持を追加している。
https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-22556720110805
(少し古いけど)
日本の世論調査にも、内閣や政党の支持率を問うだけでなく、ぜひ国会が機能しているのかを質問事項に追加して国民に問うて欲しいと思います。立法府の国会の有効性を監視することは、権力の監視を国民から負託されている記者クラブを持つメディアの、それも重要な役割であるはず。

池野さんがここで紹介している記事は、2011年8月5日のロイターの記事です。連邦議会を支持するか否かを世論調査した米メディアの報道を紹介するものです。

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とCBSニュースが実施した世論調査によると、議会を支持しないとの回答が過去最高の82%に達した。債務上限引き上げをめぐる民主・共和両党の対立が長期間続いたことが響いたとみられる。議会を支持するとの回答はわずか14%にとどまった。

 議会に対する不支持率は、過去34年間にわたる調査で最高となった。これまでの最高は2010年5月の77%だった。

 債務上限引き上げ問題については、72%が共和党の対応を支持しないと回答。一方、民主党の対応を支持しないとの回答は60%だった。

 さらに調査では、今回の対立について、国家にとって何が最良であるかに基づく行動ではなく、政治的な駆け引きが目的だったと受け止めている回答者が82%に達した。

私は池野さんの提案に触発されました。たしかに、日本のテレビ新聞は「内閣支持率」や「政党支持率」を調査しても「国会支持率」は調査しません。与野党の枠を超えた「国会」全体として、その役割をきちんと果たしたのか。「国会支持率」を有権者に問いかける報道文化は、日本にはありません。

これをサメタイ発で日本に根付かせましょう!

 
鮫島

池野さん、ありがとうございます!

池野さんが提案した「国会支持率」については、ユーチューブでも取り上げました。ぜひご覧ください。

国会の役割とは何か。まずはそこから意見が割れるかもしれません。①唯一の立法機関として法律を制定すること、②国権の最高機関として内閣総理大臣を選ぶこと、③三権の一つとして内閣を監視・追及すること、④与野党が政策を討論することーーさまざまな意見があると思います。これらの論点は引き続き深掘りしていくとして、まずは皆さん自身の基準で投票してください。

あなたは国会を支持しますか?(「国会制度」の支持不支持ではなく、「今の国会」の支持不支持です!)

あなたは国会を支持しますか?

二者択一では答えきれない方は、政治倶楽部に無料会員登録して、以下のコメント欄からご意見を投稿してください。お待ちしています。

政治倶楽部の最新記事8件